掃除ロボットいいらしいです

こんにちは あけみです。

ブログへ遊びに来てくれてありがとうございます。

私の住んでいるところは薄曇りです。
九州は梅雨に入ったらしいですね。
関東ももうじきなのかな?
とりあえず冬物の大きなものは
洗い終わっているので大丈夫かな。

必要な時期に雨が降らないと
いけないのはわかっているけれど
人間なんて勝手なものですよね。
雨が降れば文句言って
水不足にまた文句言ってね。(/ω\)

でも…あのジメジメして蒸し暑いのは
勘弁して欲しいな…
身体にもカビが生えそうだもの。

話は変わりますが
先日、友達と食事をしました。
その人はシングルマザーです。
私ももうじき離婚をするので
いろいろ聞きたかったんです。
実際には暮らしがどうなるのか?
とか養育費の約束をしてももらえない
人が多いと聞くけれど
本当にもらえないのか?とかです。

その友達もやはりもらえていませんでした。
最初の2か月だけだって。
着信拒否らしいです。
ちゃんと公正証書も作っても
まったく意味がないって言ってました。
相手の生活も保障されるらしいです。
そちらを守ったうえでの話らしいです。

離婚したのは借金が原因だったので
支払いが厳しくて
友達には回って来ないみたい。

それってさーーどうなの?
その人の勝手で作った借金でしょ?
それが原因で離婚になっているのにさ。
我慢して一緒にいても借金地獄
別れても貧乏暮らしってこと?
そんなのおかしいじゃん。
聞いているだけで腹が立ちます。
って言ってもたぶん私もそうなるだろうな。

やっぱり別れるときに耳を揃えて払ってもらう
というのしかないのかな。
本当に無責任な奴が多くて腹立つわーー。
自分の子供だろ?って言いたいです。

友達は子供を抱えてめいっぱい働いています。
掃除もままなりません。
掃除しなくても死にはしないと言いますが
それでも清潔にするに越したことはないです。
子供も小さいからね。
その子が気管支が少し弱いみたいで
この間、咳が止まらないので受診したら
ハウスダストって言われたらしい。

でもそんな時間はないので
掃除ロボットを導入したらしい。
でも高いですよね?
でも安いのがないか探してみると
レンタルがあったそうです。
しかも2年後には自分のものになるんだって。

自分が仕事に出ている間に掃除機をしてもらえるのが
すごく助かるって言っていました。
私も検討してみようと思います。
友達から教わったのはこちらです。

また更新します。
読んでくれてありがとうございました。

はじめまして

こんにちは あけみです。

ブログへ来てくださりありがとうございます。

今日からブログを書いていきます。
よろしくお願いいたします。
今回ははじめましてなので自己紹介します。

私は結婚10年目の40代主婦です。
息子と娘がいます。
主人は私の5歳上です。
って書いているとごく普通の家庭に見えると
思いますが、今離婚協議中です。

ことの発端は主人の借金と浮気です。
たしかに一緒には暮らしていますが
家庭内別居ってやつですね。
ただ共同生活しているだけって感じ。
一応、食事は作りますが
主人は遅いし私たちは早々に食べて
顔を合わせることはありません。

朝はさすがに顔を合わせますが
挨拶くらいで会話無し。
子供たちも気配を感じているのか
特に話しかけることはありません。

でも仕方がないですよね。
借金に浮気だもん。
反省しているようですが
私はもう一緒にやっていく気はありません。
これから子供たちにお金がかかるので
それだけ確保できればと思っています。
家もローンがたくさん残っていますので
売るに売れない状態です。

こんな予定ではなかったんですけどね。
子供が大きくなったら
のんびりと海外に行ったり
悠々自適に暮らそうねって話していたのに
残念だなと思います。

でも主人も可哀想だよね。
付き合っていた人に借金背負わされてさ。
シングルマザーだったらしいのですが
かわいそうだからって
生活費の一部を出していたらしい。
そこまで収入に余裕があるわけじゃないから
キャッシングまでしてお金をあげていました。
キャッシングが増えてしまい
お金が渡せなくなると彼女は去っていったみたい。
結局、残ったのは支払いだけです。

ふつうのサラリーマンが
もう一つ家庭を養うなんて無理でしょ?
伸びてきている会社の社長さんならまだしも…
バカですね、本当に。
よーく反省して、次に出会う人は
いい人だといいね。
私は私で幸せになるので
違う人生を歩みましょうって思います。

主人の実家からも「許してもらえないか」
と話がありましたが
「逆の立場でも同じこと言えますか?」
って言ったら黙っていましたね。

私と子供たちが幸せになれる道を進みたいと
思っています。
また更新します。
読んでくれてありがとうございました。